経営者と部下の人間関係悩み相談なら赤坂コーチングサロン

経営者と部下は、立場はもちろん、見ているものや考えていることも大きく異なります。その違いを知らないまま、思い込みで行動すると悩みに突き当たってしまうことも。今回は経営者が部下に抱きやすい悩みとその理由についてご紹介します。

経営者が部下に抱きやすい悩み

経営者が部下に抱きやすい悩み

経営者がどれだけ「会社を変えたい」「会社の進むべき道はこっちだ」と思っても、1人1人の部下が行動してくれなければ会社全体を動かすことはできません。

そのため、経営者は「部下も自分と同じように考え、行動してほしい」と感じます。しかし、部下にとっては上司の指示に応え、与えられた仕事をこなすのが精いっぱいで、会社の将来まで考える余裕がないのかもしれません。

むしろ、会社の経営や待遇が悪化すれば、別の会社に行くことも視野に入れているでしょう。部下にとっては、会社の将来よりも自分や家族の生活の方が現実的に差し迫っている問題なのです。

すべての従業員がそうとは限りませんが、経営者と部下では、求めているものが異なっていることを理解しておかなければなりません。

経営者と部下の間にズレが生じてしまう理由

経営者と部下の間にズレが生じてしまう理由

経営者と部下の間には、なぜこれほどまでにズレが生じてしまうのでしょうか。そこには「価値観の違い」が大きく影響しています。

経営者にとっては会社の経営を安定させ、より拡大していくことが大切な使命となっています。しかし、先ほども挙げた通り、部下にとっては自分や家族の生活に関わる報酬や労働時間などが最優先事項となります。

また、人間の価値観は大きく分けると次の4タイプに分類することができます。

  • 論理的な考えを優先するタイプ
  • 独創性やチャレンジを優先するタイプ
  • ルールや伝統を重視するタイプ
  • 人間関係における感情や義理人情を重視するタイプ

経営者がルールや伝統を重視することに重きを置くのに対し、新たなチャレンジに取り組みたいと考えている部下は思うような行動が取れず、不満を募らせてしまいます。

部下が持っている価値観のタイプを知り、適切に対応することが大切です。

経営者と部下の人間関係に関する悩み相談なら、赤坂コーチングサロンにお任せください。赤坂コーチングサロンでは、本来の自分が望む在り方を知るお手伝いを行っています。

自分の本質が見えると、葛藤やストレスを解消し、目標や夢の実現を引き寄せることができます。仕事での人間関係のほか、夫婦問題や家庭問題などもご相談いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください。

経営者の方で、部下との人間関係についての悩み相談なら

会社名 MJS
サロン名 赤坂 coaching salon
電話番号 070-3665-3192
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目
ホームページURL https://akasaka-coaching.com/
その他 リッツカールトンのラウンジにお越しいただければ、そちらでもセッション可能
PAGE TOP