経営者と部下との人間関係に関する悩み相談は赤坂コーチングサロンにお任せ

経営者にとって、部下は共に会社を支える大切な存在です。しかし、時には部下に苦言を呈したくなってしまうことも。経営者が部下にストレスを感じるのはなぜなのでしょうか。今回は経営者が部下に感じやすいストレスの例と、ストレスを減らす対処法についてご紹介します。

経営者が部下に感じやすいストレス

経営者が部下に感じやすいストレス

部下に対してストレスを感じる時、次のような思いが沸き上がっていませんか。

「言われなくても自分で考えて行動してほしい」

「指示したことをきっちりやってほしい」

これら2つの思いは相反しているように見えます。しかし、その根底には経営者の「自分はできたのに、どうしてできないのか」という気持ちが潜んでいるのです。

しかし、経営者にとってはすでに超えてきた道のりでも、部下にとっては初めての道。不安になったり、迷ったりすることも少なくありません。経営者が部下に対してストレスを感じた時には、「できて当たり前」という前提を取り払って、部下に向き合う必要があります。

部下に感じているストレスを減らすためにできること

部下に感じているストレスを減らすためにできること

部下にイライラしてばかりでは、問題の解決どころか、問題をこじらせる結果になりかねません。次の方法を使ってストレスをできるだけ減らしてみましょう。

まずは自分の考えを整理する

部下にばかり目を向けるのではなく、まずは自分に視点を戻して考えを整理してみましょう。

「自分で考えて行動してほしい」という気持ちを深く掘り下げていると、経営者自身も「部下に感じるストレスに対して受け身だった」「部下の言い分をしっかり聴いてこなかった」など、自分にも当てはまることに気づくはずです。

考えを整理すると、部下との向き合い方が見えてくることがあります。

部下とのコミュニケーションの取り方を見直す

部下とのコミュニケーションも見直す必要があります。経営者が部下にストレスを感じるのは、部下と自分を同一視してしまっている結果でもあります。

そうではなく、部下という1人の人間を見つめ、「どんな価値観を持っているのか」「どういう指示の出し方なら伝わるのか」などを考えながら、より良いコミュニケーションの取り方に工夫をこらしていきましょう。

「~するべき」という思考をやめてみる

勉強熱心な経営者の中には「経営者たるものこうあるべき」と強い信念を抱いている方もいらっしゃいます。しかし、その信念で自分を縛るあまりに、部下との関係がぎこちなくなってしまうこともあります。「~するべき」という思考を外し、目の前の部下と向き合うこともストレスのない働き方に大切なことです。

東京で経営者と部下との人間関係に関する悩み相談なら、赤坂コーチングサロンにお任せください。今の苦しい現実でなければならない理由について自己理解を深めることで、抱えている葛藤が解消され、問題解決につながっていきます。

ご体験セッションも用意しておりますので、ぜひお試しください。これまでのカウンセリングで豊富な事例や実績があり、人間関係や家庭問題など様々な悩み相談を承ります。料金やカウンセリング内容など、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

経営者の方で、部下との人間関係についての悩み相談なら

会社名 MJS
サロン名 赤坂 coaching salon
電話番号 070-3665-3192
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目
ホームページURL https://akasaka-coaching.com/
その他 リッツカールトンのラウンジにお越しいただければ、そちらでもセッション可能
PAGE TOP