東京で経営者の家庭問題カウンセリングを受けるなら赤坂コーチングサロン

経営者は「何時から何時までが仕事」と簡単に割り切ることができません。そのため、つい家庭を犠牲にしてしまい、家族との関係がぎくしゃくしてしまうことも。今回は経営者が抱えやすい家庭問題と仕事に与える影響、仕事と家庭を両立するコツについてお話しします。

経営者が抱えやすい家庭問題

経営者が抱えやすい家庭問題

家事や育児の分担

男性・女性を問わず、経営者は会社のトップであるため、大きなプレッシャーやストレスにさらされています。

「家ではゆっくり休みたい」という方もいるでしょう。しかし、家事や育児に非協力であることを責められ、休むどころか喧嘩になって夫婦問題に発展してしまうこともあります。

家族とのコミュニケーション不足

経営者の中にはどうしても朝早くに出かけ、帰りは深夜となることもあります。この状態が慢性化すると、家族とコミュニケーションを取る機会が失われてしまいます。

家族が今何を考え、何を楽しみ、何に困っているのかがわからないと、何の気なしに話したことが争いの火種となってしまうこともあります。

家庭問題を抱えたまま仕事を行う影響

家庭問題を抱えたまま仕事を行う影響

家庭問題を抱えた状態でいると、仕事にまで思いがけず悪い影響が出てしまうことがあります。

興奮や怒りが冷静な判断力を奪う

家族と喧嘩すると、怒りや苛立ちで興奮状態に陥ります。そのまま仕事を進めていくと、冷静な判断ができず、大きな失敗につながるかもしれません。

悲しい気持ちで意欲が下がる

家族とのトラブルを思い返すと、悲しくなってしまう方もいます。悲しい気持ちは前向きさを奪い、仕事への意欲も低下させてしまいます。

不安でいっぱいだとチャレンジができない

家族との良好な関係が取り戻せるか不安を感じる場合もあります。不安な気持ちは警戒心や緊張感を高め、新たなチャレンジを阻んでしまいます。

仕事と家庭とのバランスを保つコツ

家族だからこそ丁寧に話を聴く

家族はかけがえのない存在です。しかし、長く一緒にいる間に「これくらい許してくれるだろう」と勝手な判断で行動していませんか。家族だからこそ、相手の考えや意見をしっかり聴き、適切に対処することが大切です。

互いの意見をすり合わせる

「休みはのんびり過ごしたい」と自分では思っていても、家族は「休みくらい一緒に出掛けたい」と感じているかもしれません。それぞれの意見を出し合い、納得できる解決策を話し合うプロセスは、仕事のミーティングなどでも役立ちます。

カウンセリングを頼ってみる

相手が家族だと、話し合っているうちに感情的になってしまうこともあります。その場合には、カウンセリングなど第三者に相談することも大切です。

評判の良いカウンセリングサロン、相性の良いカウンセラーを見つけてみませんか?カウンセラーに話しているうちに問題点が整理されたり、新しい視点から問題を見つめたりすることができ、自分の中に解決策が浮かんできます。

東京で受けられる経営者の家庭問題カウンセリングでしたら、赤坂コーチングサロンにお越しください。

赤坂コーチングサロンでは、「豊かなライフワークバランス」を手に入れ、夢を実現するまでのサポートをいたします。東京でカウンセリングを受けたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

東京で経営者の家庭問題カウンセリングなら

会社名 MJS
サロン名 赤坂 coaching salon
電話番号 070-3665-3192
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目
ホームページURL https://akasaka-coaching.com/
その他 リッツカールトンのラウンジにお越しいただければ、そちらでもセッション可能
PAGE TOP